ご家庭の声

みんなのミントは、2013年から東京や近県でプログラミング教室を開講しています。超難関校を目指す子もいれば、1週間で5つも6つも習い事をしている子、好きなものが見つからない、なにをやっても長続きしない子、学校に行ってない子。もちろんプログラミングを勉強したい子など、いろんな子どもがみんな楽しく集まってきます。

そんな子どもたちが「ここだけはやめたくない」と言っていつまでも通い続けてくれる、どこにもない新しい学びの場。ここでは、お母様方の声をいくつかご紹介させていただきます。

Aくんのママ
水泳、英語、学習塾でパンパンですが、子どものやりたいことはできるだけ応援してあげたいと思っています。家計のやり繰りが大変です。でも親にできることはこれくらいかなという気持ちで頑張っています。

 

Bちゃんのママ
世の中がコンピューター社会に向かっていることは誰でも分かってるのですが、学校の対応を待っていても間に合わないので、学習塾のつもりで習わせています。

 

Cくんのママ
ウチの子はなにをやっても長続きしません。なにか打ち込めるものを見つけてあげたいと思って、プログラミング教室に通わせました。教室から帰ってくると、レッスンのことを一生懸命説明してくれます。