プログラミングで「下こぼれ」を防ぐ

子どもたちの世界にどっぷり浸かっていると、いろんなものが見えてきます。その中で気になっているのが「下こぼれ」。ちょっと勉強でつまづいた子は、放っておくとジワリジワリ勉強から離れていきます。

大体は「勉強がわからない」ところから離脱が始まるのですが、お受験や塾で「学びのトレーニング」ができている子と、そうでない子はまずここで差が出ます。そして同じ授業を受けていても吸収力(学習効率)が違ってきます。

当然できない子は「授業がわからない(勉強ができない)⇒友だちと比べられたくない ⇒勉強に背を向ける」といった負のフローチャートにはまっていきます。子どもの世界はある意味シビアですから、自分たちで「グループという名の階層」を作っていきます。

そのとき大人が言うのは「しっかりやりなさい」「もっと集中して」「どうしてわからないの?」のお決まり3連発と、「ちゃんとできたら好きなもの買ってあげるから」的な甘いささやきです。でもこうした言葉は、やがて子どもの耳を素通りしていくようになります。

アメリカのプログラミング事情を見ていると、スーパーサイエンス的な人材育成を進める傍らで、底辺の子どもたち(家庭環境や学力など)をサポートする手段として、プログラミングやマイクラを教育の場で活用しているケースが多く見受けられます。

優秀な人材をさらに上に引き上げるだけでなく、下の方にこぼれ落ちていってしまう子どもたちをしっかり受け止めるディフェンシブなプログラミング学習。プログラミングが職業に結びついた実益的な要素を多く持っていることを考えると、日本の公学校は後者にウエイトを置くといいかもしれません。