Home » 新しい習いごと

新しい習いごと

いま日本の学校が大きく変わろうとしています。明治以来の伝統的な教育システムを承継しつつ、グローバルな時代に対応できる人材を育てていく。簡単なことではありませんが、国や学校・教育関係者だけでなく、地域や企業のサポートも得ながら大がかりな取組みが始まっています。

特に「人材育成」の視点から見ると、世界的にSTEMと呼ばれる理数系人材への期待とニーズが高まってきています。日本でも国立大学を理系志向に切り換えていく施策が示されていますが、子供たちが大人になってインターネット社会でデジタルスキルを使いこなしていくには「早期のプログラミング学習」が重要なポイントとされています。

*STEMは「Science,technology,engineering, mathematics」の略語です

MCKidsの「こどもアカデミー」はこうした大きな潮流のなかで、子どもの自由な時間や放課後という「学校の外」の領域において、社会のニーズに直結した人材育成のための良質の学習環境を広めていきたいと考えています。

子供たちが自然に楽しみながらコンピュータサイエンスの感性を身につけ個性を伸ばしていくお手伝い。とりわけお子様が中学・高校で本格的に勉強に取り込むようになったとき学習効率を決定的に左右すると言われている「4つの基礎能力(非認知能力)」を、プログラミング学習を通じ高めていくトレーニングをご提供していきます。

<学習力を高める4つの要素>
◇ 根気強さ
◇ 好奇心
◇ 自制心
◇ 良心

「プログラマーを目指す」「受験のさらに上を行く」「時代を拓く能力を養う」など動機はさまざまですが、「できれば小学生のうちに」とお考えのご家庭が増えてきています。ミレニアル世代の人材になくてはならないスキルと思考力を養うお手伝いができれば幸いです。

Comments are closed.