Home » 基礎講座 » お母さんの声(MCKids東京本校)

お母さんの声(MCKids東京本校)

都内難関校に通われているお子様のお母様にお聞きしました。
 
***************
☆☆息子がMCKidsでお世話になりはじめて約1年。
とにかくスマホが大好きで中毒気味だった息子に、どうせなら役に立つITを学ばせたい、そう思ったのがプログラミングを始めたきっかけです。
 
真の目的はスマホ脱却でしたが、
●時代を先取りしている習い事でおしゃれ
●IT成功者=お金持ち
●言葉を覚えるような感覚でITが身に付いたら、将来役に立ちそう
母にはこんな不純な動機もありました…(笑)
 
プログラミングを習っていると言うと、まだまだ
『へぇ、すごいね』と言われますが、スキル以上のものを身に付けたいのなら遊びの延長で始められる、低学年~中学年がお勧めのスタートライン。遊びの延長で、ここがポイントなんです!
 
スマホや3DSもいいけれど
“将来に種をまく”意味で
プログラミングを取り入れると、子どもの楽しいという感覚をうまく利用しながら、10年先に必要なPCスキルを一足先に学ぶことができるんです。一足先に、ここも実は重要なポイント!
 
“遊びの延長”で“一足先に”
学ぶことのメリットって
いったいなんなのでしょう。
 
お母さんの声(その2)

お母さんの声(その3)

Comments are closed.