先生ひとりで頑張らない

「先生の頑張り過ぎ」がこれまで以上に大きな問題になってきています。
学校を見ると、勤怠管理や保護者対応、子どものケア、教科の多様化など、
いやになってしまうくらいの難問ばかりです。

これでは先生がつぶれてしまうのも時間の問題です。

素人の見方でしかありませんが、学校は純粋な学習以外にも、子どもが大人になるまでの大切な期間を子どもと過ごす場所なので、様々な面で子どもに影響を与えます。

「期待から諦めまでの領域」に様々な要因と偶発が詰め込まれているので、この問題を一答で解決するなどということは無理です。

課題として挙がっていました。それを先生方の使命感や献身的努力でどうにかこうにかしていたものが、いよいよ臨界点に達した感じです。
学校教育の特殊性については詳しくありませんが、それを理由に問題解決が遅れてしまったり、ドラスティックに変えられなかったりといった

家庭の多様化
アメリカに比べれば全然大したことない