子どもたちよ、もっとフルスイングを

1980年代に巨人で活躍した元大リーガー、クロマティのインタビューを読んで確信しました。日本はあまりに「組織立ちすぎている」ということ。これが社会と人材の活力を押さえつけています。

小さい頃は学校や家庭でことあるごとに「どうしてみんなと同じにできないの」と言われ、受験や就職では「過去問だらけの必勝法」。

「君のやる気とアイデアで会社を変えてほしい」と期待されて入ったはずの企業でも「勝手なことをするな」と言われ、マニュアル漬けの仕事と人材育成。

すべてにおいて組織が優先する社会。「体制維持と守りのDNA」が強すぎる日本には、創造力やオリジナリティを求められる場面はあまりありません。考えることや努力すること自体がムダ(成功の阻害要因)になってきます。

こどもアカデミーは、子どもたちが周囲の顔色や予定調和を気にせず、伸び伸びと自分を表現できる学習環境を約束します。そしてコンピュータサイエンスを幹にした学びとキャリアで、個性を社会に役立てるお手伝いをしていきます。
 

日本の野球はあまりに組織立ちすぎている(Full-Count記事)
 

<クロマティの見た日本の野球>

「日本の野球はワンパターンと言ってもいいかもしれません。日本の野球はずっと同じで、サプライズというものが欠けています。言うなれば、全てが予想可能なのです。先頭打者がヒットを打てば、次の打者はバントする。」

「驚きという要素、本能と呼ぶべきものが足りません。ベースボールと野球はリズムが違いますね。依然としてあまりに組織立っているというか。ですから、私は選手の自己表現をもっと見たいと思っています。」

「折れない心」の育て方

こどもアカデミーの子どもたちを見ていると「レジリエンスがついてきたな」と思うことがよくあります。聞きなれない言葉ですがレジリエンス(Resilience)は「回復力」「立ち直る力」「折れない心」です。実はプログラミング学習は、レジリエンスに必要な「粘り強さ」と「試行錯誤」のトレーニングにとても向いています。

いま日本の子どもたちに一番必要なもの。それは新しい時代を生き抜く先進的な知識でも、取ってつけたような思考力や創造力でもありません。それよりも「できるか分からないことにも躊躇なくチャレンジして、それをやり遂げる力」を鍛えてほしいと思っています。

「正解がいくつもある」「はっきりした正解がない」、そういった時代の中では「正解(だけ)を覚えている」人材はしばしば思考や行動が行き詰ってしまうからです。

こどもアカデミーは「レジリエンスの源泉である興味と集中力をどうやって子どもたちから引き出すか」を最大のテーマとしています。

子どもたちが「ゲーム作りを楽しみながらテクノロジーを体感」し、「自分のアイデアをすぐに試してみる」ようになる。「感性と思考、実行力の連鎖」が「どんな環境でも逃げない心」を作っていく。そうして育った人材が自由で豊かな発想で、世の中をもっと面白いものに変えていく。

こどもアカデミーは柔軟で新鮮な学習コミュニティを通じて、そんな人材を一人でも多く増やせたらと願っています。

「レジリエンス」を知っていますか? (クローズアップ現代記事)


 

「今の学校」の向こうにあるもの

「どんどん厳しくなる学歴社会と競争に勝ち抜くには」。これは今の受験型教育の大きなテーマです。しかし、こどもアカデミーはその向こうに広がっている「様々な可能性の世界」を見ています。
 
例えば、ロンドンのUCL(University College London)。ここの様子をご覧ください。そこには「いろいろなアイデアをテクノロジーを使って実現していく」というコンピュータサイエンスの哲学を幹にして「魅力ある知見」と「学生同士の学び合い」がどんどん膨らんでいます。

ユニヴァーシティカレッジロンドン(動画紹介)

こどもアカデミーは、小学生と中学生のうちからこうした「新しい学び」と「仲間で教え合う、シェアする」学習環境を提供できたらと願っています。

「STEAM」で階層を乗り越える

日本もすっかり階層社会になってきました。家庭の経済力や親の学歴職業、都会と地方など。そして子どもの教育環境や成育はこうしたものに大きく影響されます。
 
STEAMと呼ばれるコンピュータサイエンスとアートを中心とした学びと体験は、そういった社会の壁を打ち破ることができるとてもパワフルな武器です。
 
海外のデータを見ても、小さいうちからコンピュータに親しんでいる子どもは社会の壁にかかわりなく学力とキャリアを広げています。
 
こどもアカデミーは都内だけでなく地方のお子様にも、今一番必要な良質の学びと環境をお届けします。

ICT庁誕生前夜

変わりたくても変われない文科省平家。踊る総務省と追っかけミティ(METI)。平成のラストイベント(お役所改革編)はこれっぽくなってきました。

役所の後手後手対応は今に始まったことではありませんが、文部科学省の「教育全般すべてがゴテゴテ」は、日本の人材開発が世界に大きく遅れている最大の要因になっています。

その中でもICT先進国との「20年格差」は、国際競争力と将来の政治経済ポジションに直結する問題であり、「待ったなし」どころの騒ぎではなくなっています。政府が文科省の牽引力に見切りをつける一手としてICT庁は当然の選択と思われます。

とはいえ、新しい合同組織が出来上がったとしても、現場がすぐに変わるわけではありません。ここがまた日本のお家芸というか、当事者の面従腹背や骨抜きといった小技がたくさん潜んでいる部分でもあります。

カシコイご家庭や子ども(デジタルエイジ)はとっくに未来に向かって動き始めていますが、公教育を頼りにしている層や地方は一番の被害者と言えます。

子どもは大人よりカシコイ

今の子どもは、大人が見聞きしていることは大体知っています。そしてそうした物事を大人よりもクールに捉えています。

これもインターネットやスマホなどのデジタル技術の効果ですが、日本の場合そうした子どもたちの価値観を育て、新しい時代を生き抜く知恵とスキルを与えるサービサー(担い手)がいません。

公教育が時代と共に(本当は「時代の先を行って」)、子どもたちに新しい社会のエントランスをつけてあげるのがベストなのですが、日本は学校と教育行政が化石化してしまっています。

「いや、そんなことはない」「小学校でもプログラミング教育を進めていく」というお答えもありますが、プログラミングという単独科目の新設に失敗し、「プログラミング的思考力」というエキスだけを既成の算数や理科に入れ込んでツジツマを合わせているだけでは効果は知れています。

プログラミングは子どもたちに「自由な発想と多様なアウトプット」をもたらすものとしてとても有意義な学習です。そしてその普及・運用が生活や価値観を変え、社会を新たな発展ステージに進めていきます。

頑迷な教育サービサーによって日本の20代、30代は大きく人材スペック(社会の期待値)を外してしまっています。

教育関係者は「学力低下」や「教育格差」を問題視していますが、今の子どもたちは大人よりずっとカシコイです。マクロ的に見れば、現在の状況はマーケットやユーザー(社会環境や子ども自身)やり方(学習方法)以上に「実施者」の問題が大きいと言えます(Too big to change)。

変化を待ち望んでいる子どもたちのためにも、今が大きな(パラダイムシフトは無理としても)変革期です。

「だったらどうする?」が弱い日本の社会

日本は世界に名だたる技術大国です。電機・自動車・機械・建設土木といった分野だけでなく、新幹線をはじめとする鉄道や交通、上下水道のインフラシステムなど、多くの国が日本の技術やノウハウに注目しています。

なのに BtoC の分野で世界をびっくりさせるサービスが現れないのはなぜでしょう。それは「様々な技術を社会に活かすサービス化」のプロセスが弱いからです。

一つは、サービスと言うと「気配り」「おもてなし」「丁寧」「親切」といった心の要素に傾いていってしまう日本人の国民性。そこには「便利は手抜き」という不思議な精神性が宿っていて「テクノロジーや効率の話を出しづらい」世界があります。

もう一つは「ワタシ作る人」「ボク使う人」のような切り分け。これがなかなか溶け合って一体化しません。「理系と文系」という教育の垣根も大きなネックです。企業の「製販のインターフェースが弱い」「ユーザー不在のモノづくり」といった古典的な課題もそのままです。

「顧客を大切にする」を気持ちの問題としてだけでなく、ここに効率と利便性のテクノロジーを流し込んで、従事者の負担を軽減しつつ顧客満足度を上げていくにはどうしたらいいか。

社会を見て、考え、解を出していく」「生活者目線で技術や知見をサービス創造につなげていく」。デジタル時代の子どもたちにうってつけのアプローチだと思いませんか?

子どもたちを見ていると「なぜ」に興味を持ち好奇心をドリルダウンしていく子もいれば、そんなことはどーでもよくて「それでなにを作っていくか」にアタマを働かせる子もいます。

表題の「だったらどうする?」は、「こんなテクノロジーがあったらどんなことができる?」と「こんなニーズがあるんだけどどうにかならない?」という2方向の課題解決を意味しています。

いろいろな子どもがいる中で、画一的な人材育成を目指すのではなく個性を磨く。プログラミングという合理的なツールを与えて、慣習的なビジネス作法や社会構造を見直す。それぞれが持ち味を出せるチームを作って、社会を新しい発展に導く。そんな仕組みが作れればと思っています。

「プログラミング教育委員会」作れば?

熱風吹きまくる「プログラミング必修化」ですが、主な出演者は、➀大きな声を出してる文科省、総務省、経産省(ただし中身は省利権と政治家の振り付け)、➁一生懸命動いている市民運動家(いわゆるボランティア)、➂発破かけられてアタフタしてる先生(全体のごく一部)、➃バケツを持ってお金を拾おうとしてる学習事業者、➄ユーザー(子どもと保護者)の皆さんです。

でも本当の主役(というかこの状況をリードしなくてはいけない超当事者)は、地方の教育行政を担う教育委員会。ここの影が薄すぎて見えません。

ここがガチで教育原理主義なんだと思います。関係者からは「シロウトがなにを言うか」とのお言葉が返ってきそうですが、地方の市長と同じく教育長も多くの場合、馴れ合い、慣習、身内人事の3択選出になっていると推察されます。

地域の教育委員会は、超保守的な村社会の教育オペレーターであることは想像に難くありませんが、学校現場が抱える様々な課題やトラブルを一元的に引き受けて迅速に対応処理する機能も求められています。

例えば、いじめやブラック職場の問題。お聞きすれば「やってる」「できてる」「いろいろあって」というお決まりのお答えが出てくると思いますが、問題なのはそのレベルと効果です。特に地方は、ここの評価がマアマアとナアナアでとっても甘くなっています。狭い社会の人間関係を重視しているからです。

早い話こんなことでは今の世の中(世界)は渡っていけません。地方の県庁所在地もほとんど中国に追い越されています。

すでに20年先まで大幅不足が予見されているICT人材を育成するために、そしてその「社会と経済発展のコア」の部分を中国やインドに持っていかれないために、今すぐ、教育委員会はギアチェンジをしないと手遅れになります。歴史的に見ても、教育委員会が監督ではなくプレーヤーとして率先垂範する大一番です。

「教育はビジネスじゃないから」「地方は都会と違うから」「正論通りにはいかないから」といったExcuseではなく、ストレートな正解を求めます。自分たちの手に負えないのであれば別の人たちに「プログラミング教育委員会」を作ってもらって、ユーザー直結の対応サービスができるようにしてください。
 
教育長(熊本市)の本気

なぜ教育にパラダイムシフトが起こらないのか

漢字の書き順に意味はあるのでしょうか? その筋の人たち(有識者)に聞けばいろんな理由を挙げてくると思います。でもそういったものは「物事に精神を宿らせて作法や形を作る」日本人の気質でしかありません。「なければないで問題ない」ものがほとんどです。

学校の勉強にも似たようなことが言えます。今でも日本全体が「右へならえ」をしてしまう文科省の学習指導要領。その中身は「たくさんあるテーマややり方の一部を規範化したもの」でしかありません。

それに統一性と強制力を持たせて、全国一律「デナケレバナラナイ」の〇×採点方式にしてしまっているところが学校教育の最大の問題です。

この学校フランチャイズ向けマニュアルも、世界の変化やユーザーニーズから見ると相当しなびてきています。そしてそれは間違いなく日本人の経済力(稼ぐ力)を低下させています。

メニューの中身を変えることも一つですが、学習の領域や教え方、学び方にもっと自由度を持たせることはそれ以上に大事です。

文科省は昔ながらの「業界指導力」を保ち続けている数少ない役所です。これを教育界の旗本長老が擁護しているのが今の日本の学校教育。

民間もそれに逆らうことなく、大学入試を人生の最終目標にした「受験トーナメント」と「ナンタラ検定」といったシステムで、せっせと利権を養っています。

教育にパラダイムシフトが起こらないのは、そうした構造が盤石であること、そして今でも体制派が実権を押さえ込んでいること、革新派が弱っこちいこと、の3つが大きな理由です。

教育のパラダイムシフトはアウトサイダーによる破壊的な改革で実現します。eコマースで既成の産業構造が激変したように。

その時「子どもたちを人質」にした守旧派の本土防衛戦がどうなるか。この場面では政治が必要になってきます。日本の教育を変えるのは関係者の意思や力ではなく「政治がその気になる」ことが決め手です。

学習意欲がわかないのは「ネタがつまらない」から

Googleは言いました「地球がコンテンツ」。お笑い風に訳すと「世の中ネタだらけ」。

中学受験を横目に「進んだ子ども」が集まってくるプログラミング教室でも、例えばScratchを使ったゲーム制作でちょっと込み入ってくると「メンドクサイ」「ヤラナキャイケナイんですか?」「ドーデモイイ」というようなセリフが聞こえてきます。

生真面目一本の学校授業などなおさらと思いますが、これを打ち破るにはネタの面白さしかありません。

では、子どもはどんなものに興味を持っているのでしょうか。

ダントツはYouTubeの番組。人気のあるYouTuberネタは誰もが知っています。あとは時事ネタも結構詳しいです。トランプの言動には常に小学生が注目しています。北朝鮮のキムジョンウンもよく話題に出ます。

号泣議員の野々村や「このハゲー!」の豊田議員も未だに健在です。安倍首相と平昌オリンピックはまったく話題になりません(でした)。

子どもの耳は地獄耳。大人が知っていることはたいてい知っています。ただそこで「子どもなりの取捨選択」が働いています。その選択基準はあってないようなものだと思いますが、このグレーゾーンで子どもの将来に役立つ知的好奇心をどう呼び起こすか。

プログラミング必修化を単独科目にできなかったので既存科目にすりこませるような、辻褄合わせの擬態工作に精を出すのではなく、子どもの柔らかいアタマのジャックポットを探すことにもっと注力していかないと、教育のユーザー離れは止まりません。

好き嫌いを大事にする

「好き嫌いをなくそう!」このフレーズは小さい時から散々聞かされました。日本人の大好きなモットーです。食べ物、勉強、人間関係。日本ではどんな場面でも好き嫌いをなくすことを求められます。

食べず嫌い、わがまま、偏見(先入観)といった個の要求は「我慢の文化」の中で抑えられて、既成の社会構造が守られてきました。

ところが、デジタル社会へのシフトでテンテコマイの世の中で「好き嫌いっていいかも」との見方が出てきています。

論理的な思考やらデータマイニングやら、知識集約的な仕事はAIに任せろとか。そういった縦線横線のはっきりしたアプローチだけでは、物事収まりきらないのが世の中の常です。歴史を見ても大きな転換やアッと驚く展開は非論理的な行動や権力者の心の綾から生まれています。

「ワシ、あいつ嫌いやねん」とか「誰が何と言ってもこれ大好き!」で歴史が変わった事例はいくらでもあります。

柔らかい日本人の感覚は外面的には「好き嫌い」をはっきりさせませんが、内面的にはそれを残して優れた直感や美意識につなげています。

コンピュータサイエンス色でベッタリ描かれているこれからの時代ですが、「論理とデータに裏付けられた効率と合理性を追求する糸」と「不条理なのになぜか共感を集める感性の糸」をうまく織り交ぜながら進んでいくのが、ベストプラクティスになっていくかもしれません。

予定調和と意外性の組み合わせ

そう考えると、好き嫌いを中和させたり自分の中に押し込めるのではなく、それをどうやって個性や価値観に変換して社会のリソースにしていくか、が大事になってきます。色々と楽しみが増えてきそうです。

世の中は「アイデア⇒組立て⇒実現力」

今話題の早稲田の入試問題。もうご存知の方もいらっしゃると思いますが、これを奇問と感じる方は「過去の人」です。

この問題は、下記の3点を見るにはモッテコイの正統派良問です。
1)新しくて面白いことを考える力(着眼点、観察力、センス)
2)それを論理的に組み立てる力(モデル構築力、pros/cons)
3)人に伝えて理解してもらう力(伝達力、共感、いいね)

大企業の新規事業部門などでは、日々「新しいこと」「どこにもないこと」を考えていますが、それを事業コンセプトにして社内の既成部門を交えてタタキはじめると、斬新さやトンガッタ部分が削られ、見る見るうちに「フツーのネタ」になっていきます。

そして役員への説明根回し段階になると、アレヤコレヤで時間が過ぎていき、市場投入できる頃には世の中(需要)も変わってしまっています。

そんな「日本の企業文化の壁」を破る力を学校がきちんと育てて、企業も受け入れる懐を持つようになる日が、早く来てほしいと思います。

因みにこの問題ですが、周りの大学生に聞いても解答なし(アイデアが出てこない状態)。Scratch教室に通ってた中1女子に見せたら、すぐに「ジャンケンとアッチ向いてホイを組み合わせたゲームにする」って返事が返ってきました。

「グー」「チョキ」「パー」「キュー」でジャンケンさせて、グーチョキパーの勝者が「アッチ向いてホイ」を指示、キューの人がその受け手になるのだそうです。

これをどう編集改良していくかがもう一つの知恵の出しドコロですが、スッとアイデアが出てくるアタマの柔らかさは子どものうちに鍛えておきたい才能です。

学びの起動は「良質のコミュニケーション」

自分でできる子はともかく、そうでない子にとって最初の壁は「学習のスタート」です。学習を始める気になるかどうか。この壁を越えるには良質のコミュニケーションがよく効きます。

家庭であれば親と子の関係や親の関心、学校であれば先生との触れ合い、眼差し。子どもは「誰かが見ていてくれる」ことを期待します。そしてそれがなによりの動機づけになります。

スタートした後に続けられるかどうか。これが2つ目の壁になりますが、学びを挫折させないためにはいくつかの道具立てと環境が必要になってきます。3つ挙げるとすれば、
1)自分に合った進行マップ
2)分からないことはすぐ聞ける
3)1人じゃない(仲間を作る)

1月から、学習や発達が気になるお子様向けのスクールを始めました。まだ小規模ですが、素直で優しいお子様が通ってくれています。

もちろん、そこでは「子どもたちが気持ちよく自分のことを話せる雰囲気と話し相手」を一番に考えています。

なにを学ぶかについては、プログラミングとロボット、息抜きのためのマインクラフトを用意してみましたが、どれも食いつきがよく、どの子もスクールに来るのが楽しみだそうです。

子どもたちの成長をお手伝いしながら、チューターを育てるトレーニングも進めています。

子は親を見て育つ、そして先生を見て学ぶ。

セルフスターターの弱い子どもには教材よりも「良質のコミュニケーションと環境」。そしてそれを提供するチューターのクオリティが子どものやる気と学びを左右する、重要なバリューになりそうです。

大事なことは学校では教えない

どこかで聞いたようなフレーズですが、その通りです。一途な教育理念で進み続けた日本の学校は、世界の大きな変化にも関わらず、どこへともなく向かっています。

中学生あたりであれば「世の中への関心」と「自分の考え」をしっかり持つ訓練がなによりも必要です。そして、徳川家康よりも「今の世界」をきちんと理解してほしいと思います。

例えばこんな記事(WIRED掲載)を読んで、ここに出てくるキーワードをつなげて、次のような質問に答えられますか?
   1)ギグエコノミーとは
   2)何が問題なのか
   3)その解決策はあるのか

「グローバル、インターネット、デジタル社会」といったテーマが入っていて、いかにも有力私立高校の入試~長文読解に出てきそうな内容ですが、「ギグエコノミー」「非正規労働市場」「新興経済国」といったことを多少なりとも分かっていれば、文脈のつながりで理解できます。

こうしたことを学校に話すと、国語でやるのか、社会でやるのか、情報ナントカでやるのかといったセクションの議論に潜り込みますが、そんなことは子ども(ユーザー)にとってはどうでもいいことです。

ストレートに言うと、今の学校には論理の組立て世の中の仕組み今世界で起きている様々な問題をしっかり教わる場面がありません。それ以外のことは後回しでも大丈夫です。

骨董品のような国語、数学、理科、社会は、最早いりません。英語はあんなにやってコレッキャできない「世紀の大失敗」なので外部委託にしたほうがいいです。

学校という人材育成プラットフォームにまだ期待を抱くのか、見切りをつけるのか。カシコいユーザーは今そこに立っています。