みんなが同じ方向を向いてた時代

昭和も平成も結局は誰もが同じ方向を向いて同じことをしていました。

団塊世代の個人主義は団体旅行で自分勝手に動くレベルのワガママでしかなかったし、最近の自由な世代も村社会の中での変わり者程度です。

でも世の中は本当に変わってきています。それは日本が自転変化しているのではなく、どんどん変わる海外の国々に追いついていかなくてはならない状況だからです。残念ながら今でも、日本人は外圧でしか自分たちの既成社会を変えることはできません。

これは「DNAの呪縛」によるものですがそれについては横に置くとして、外圧であれなんであれ、自分を変えていかなくてはならなくなった日本(人)はどうしたらいいのでしょうか。

「自分の好きにやらせてよ!」と大きな声で叫んでいたのに「だったら好きにすれば」と言われた途端、何をしたらいいかわからずに大人しくなってしまう日本人。

私もその中の1人ですが、最近「自分の学校を作る」ことを考えています。平成が変わろうとしている今が、マインドと行動を切り替えるビッグチャンスです。