子どもの貧困

たとえば、貧困地域における子どもの学習支援、廃坑労働者向けのプログラマー転換、地域を挙げたICT人材育成(中高生)

6人に1人と言われている「子どもの貧困」については、さまざまな方面から対策の手が差し伸べられています。学習支援もそのひとつですが、STEMは「働く」「稼ぐ」といった具体的な出口を提供してくれる、とてもいい選択と思います。「食える教育」のベストプラクティスではないでしょうか。

これを学校教育の中で提供するには色々な課題と手順があるので、学校の外でもっとストレートに、実学に近い「働くために必要なスキルと知識の習得」の場を作りたいと思っています。

が早くて効率的と思います。

今はまだ画工教育には重要度の高い大切な取り組みとなっています。

教育の機会格差や私費負担の軽減はそのひとつですが、

プラス効果を考えるのであれば、STEMはとてもいい選択と思います。

そしてといった課題だけでなく、としても添えていく必要があります。

STEM教育では子どもたちの「インテリジェンスの組立て方」(思考回路)が変わるわけですが、同時にを目指すのであれば

この辺は意見が大きく分かれるところでもあります。今の学校教育を変えていくことの難しさを考えれば、その横